ジーン・ワルツ

最近の土日は自宅に引きこもってばかりいたので映画を観るのは久しぶりでした。
初っ端から医師が妊婦を手術で死亡させてしまうという重苦しいストーリー展開。
これは福島県立大野病院産科医逮捕事件のことを指しているのだとピンときました。

出産にはリスクがあるということを忘れがちです。
何事もなく生まれてくるのが普通ではなく、出産とは奇跡の連続なんだと。
この映画は女性、出産経験者に観て欲しいと思います。

前の記事

白獅子君ドック入り

次の記事

僕と妻の1778の物語