急激な外気温低下にご注意!

今朝の山形の朝9時の外気温(白獅子君のマルチファンクションディスプレイの表示で)は6度でした。
11月に入ったら急激に冷え込みが厳しくなってきました。
もうオープンカーで屋根を開けて走れるのも、そろそろお仕舞いかも。
前日に設置した暖房器具のおかげで寒い思いをせずに済みましたが、案の定窓は結露してましたね。

ただ、野ざらしのクルマだけはどうしようもなく冷え切ってまして…運転し始めの1速、2速のギアが渋くて入りにくい。
暖機が完了するまでは丁寧にシフトアップ、シフトダウンをしないとミッションを痛めます。
エンジンは割と早く暖まるんですけど、ミッションは時間が掛かるのでひたすら我慢の子…だから冬は嫌い( ・`ω・´)キリッ
またタイヤも冷えて硬くなっているのでグリップしにくく、これで雨が降ったりするとスリップしやすくなります。
ESP/ESCなどの横滑り防止装置があっても、制御可能な限界を越えたらどうしようもないわけです。
※除雪されていない雪道でハンドルを取られて蛇行運転した挙句、スリップして雪だまりに突っ込んだ経験あり。タイヤはもちろんスタッドレス。あと一歩で田んぼにダイブするところでした(滝汗)

外気温が低くなると空気密度が上がってエンジンがご機嫌良く回転してくれるので、ついついアクセルを踏みがちですけど…はやる気持ちを抑えて運転しないと、猫が爪を研いで待っていたりしますのでご注意を(;´∀`)
せっかくの連休ですので、楽しく過ごしたいものです。

前の記事

冬支度2013 for HOME