流し台の蛍光灯が点灯しなくなりました

なんの前触れも無く、突然流し台の蛍光灯が点かなくなりました。点灯管がダメになったと思い、近所のスーパーで買ってきて取り替えてみましたが、症状はまったく変化なく。

蛍光灯、点灯管に問題が無いとすると、消去法で安定器という部品が壊れた可能性が高いです。この部品には寿命があって10年から15年くらい(使用時間による)ということなので、アパートの築年数からすると何時壊れても不思議ではないですね。

部品さえあれば交換は出来ますが、電気工事士の資格がないので(ゴニョゴニョ)。とりあえず不動産管理会社へ連絡ですねぇ。自己負担で修理と言われたら放置しますが。

前の記事

おさつあじまん

次の記事

真室川町日帰り出張