輸入車に乗っていると...

クルマにまったく興味の無い人にとっては

輸入車=高級車というイメージ

を持っているらしく

高給取りなんですね

と言われたりすることがごくまれにありますが、全然そんなことは無くて、常にギリギリBOY'Sです。
予算にまったく余裕が無いのですが、欲しいクルマに妥協したくないという…(苦笑)
そうなると当然新車は買えなくて、直近3台はすべて中古車(うち2台は新古車)を購入しています。

維持費を浮かせる為に、自分ひとりでメンテナンス出来るならば、全てやってしまいたいのですが、過去にD.I.Y.して壊した経験もあり、無謀な挑戦をしないようにしています。クルマには自分の命を預けて走っているわけですし、下手にケチって自分の命を危険に晒しては元も子もないですからね。


スバルはアイサイトを搭載してから売り上げが急激に伸びた気がします。ディーラーもマニアック路線からメジャー路線に転換して、オリジナリティが薄くなりましたが。

ちょっと話が脱線しましたが、元に戻すと自分で無理なくメンテナンス出来る範囲、例えば夏冬タイヤ・ホイールセットの車体への脱着をしたり、バッテリー交換くらいは出来るようにしています。オイル交換もやろうと思えば自分で出来ますが、オイルフィルターの取り付け位置(整備性)が悪く、外した際にオイルまみれになるのが避けられないので、そこはプロに任せています。

先日購入したバッテリーチャージャー&メンテナー(所謂充電器)は維持費を浮かせる為の投資なのです。これは1家に1台あれば十分で、複数台購入したのは個人的興味(趣味)によるものです。充電器3台買うお金でAGMバッテリー2台買えますが…(笑)。ディーラーではバッテリーが弱っていても、補充電または新品への交換を勧めるだけで、補充電するというサービスは提供していません(私が知る範囲においてですが)。

新車販売による収益確保が難しくなってきていて、代わりにメンテナンスによる収益性向上が叫ばれていても、そう言った痒いところに手が届くサービスというのは、なかなか出来ないものなんですねぇ。