足回り

雑誌やWebでよく言われるように、RCは206シリーズの中で最も硬い足回りを持っています。
styleなどの1.4L5ドアの入門モデルは比較的柔らかいそうですが、2004年モデルのXS (1.6Lの3Dr)を試乗してみたとき、ファミリー向けにしては硬めだと感じました。
低速域では路面の凸凹を拾いますので、コツコツとしたショックを感じます。速度を上 げれば気にならなくなりますが、しなやかな(?)猫足を期待している人が乗ると??? となるでしょう。国産車(トヨタ)で言えばヴィッツよりもistに近いかもしれません。

私が以前乗っていたインプレッサは足回りを車高長に交換して乗っていたので、違和感 なく乗れるというか、足回りはノーマルで十分と感じました。
205/40R17に17インチのアロイホイールを装着していることを考慮すれば、突き上げ感は少なく、 乗り心地は良いと言えるのかもしれません。

エンジン

排気量は2000cc、最高出力は177ps、最大トルクは20.6kg-mと国産スポーツ系(HONDA TYPE-Rシリーズ) と比較してしまうと、やや見劣りするスペックですが、ボディが1.1t弱と軽いため、走りそのもの は軽快です。基本的に高回転までエンジンを廻して楽しむスポーツ仕様というわけではなく、実用性 重視のエンジンだと思います。渋滞にはまっても下のトルクがあり、粘るのでイライラすることは 少ないです。ただ1速のギア比が高いためか油断するとエンストしやすい気がします。

高回転域は上まできっちりと廻り、伸びのある加速が気持ちよいです。
トヨタ・アルテッツァの3S-GE系で言われていたような「高回転域でがさつ& ノイジー」ということはありません。エンジン音も調律されているようで 耳障りではなく、もっと廻したいという気持ちにさせられます。

トランスミッション

1速のギア比がハイギアードなので、信号でのスタートダッシュが辛いことを 除けば2速以降の繋がりがよく、気持ちよくシフトしていけます。
RCに乗ったあとXSに乗ったらシフトフィールの違いに愕然としました。 XSのシフトストロークはとても長く、ふにゃふにゃで節度感が感じられ ませんでした。ただ、おろしたての試乗車でもギアの入りは良かったの で、スバル車のようにイライラすることは少ないでしょう。

RCはXSよりもショートストロークで節度感はあります。クラッチは思い のほか軽いので、あれなら女性でも扱いやすいでしょう。
シフトストロークや節度感はクイックシフトを入れていた前車インプレッ サの方が上でした。純正なら大差ないでしょう。

よく6速が欲しいという話が出ますが、私は5速で十分だと思います。

ハンドリング

ちょっと重いかな?と感じましたが、17インチの40タイヤを履いている 影響でしょうか。それ以外は特に不満はなかったです。ただ、ある速度 域までいくとトルクステアを感じます。
ハンドルは3本スポークで握りやすく、革で滑りにくいので不満は感じません。

インテリア

価格相応か?と聞かれれば疑問符がつきます。全体的にプラスチッキー なので安っぽい感じがしますね。206は大衆車ですから内装にお金を掛けて も仕方がない。走って楽しいから内装がチープでも気にならないです。そ れでも206RCにはメーターフードにレザーが使われていたり、センターコン ソールパネルがカーボン調だったりとそれなりに差別化は図られています。 フロントのレカロシート(RC専用品)はホールド感もよく良い感じです。 シートポジションが高いと言われてますが私は気になりませんでした。 リアシートは座ってないのでわかりませんが、シート形状により2名しか 座れません。

エクステリア

デザインについては好みが分かれるところですが、私は大好きです(*^-^*)
遠くから見ても一発でプジョーと判る、アイデンティティがあるのが良いですね。
どこぞの自動車メーカーのようにデザインに統一感がなく、他メーカーのデザインをパク ってきたり、ライバル車と全く同じ外寸の車を出すなど「売れる車造りこそが正義」という のは大嫌いです(–;。