ABA-DZF4R タイヤ交換(スタッドレス→ラジアル) 2020

ゴールデンウィークは如何お過ごしでしょうか?緊急事態宣言が発令され、不要不急な外出は自粛するように言われているので、良い子のみんなはお家の中でおとなしく過ごしていることでしょう。ダメな大人はお外でタイヤ交換に汗を流しましたよ。タイヤ交換?今頃?遅っ!なんて言われながら…(笑)。毎年ゴールデンウィークに交換するようにしているだけなんですけどねぇ。

2シーズン目に突入するゴールドホイール&KUMHO ECSTA PS71です。シーズンオフにGRIOT’S GARAGE ブラックシャインハイグロスタイヤジェルを塗って収納したので安定の黒光りです(笑)。

装着前(冷間時)にレーシングデジタルエアゲージで空気圧を調整しておきます。フロントを2.40BAR、リアを2.20BARに設定しました。収納時に2.80BAR近くまでエアーを充填していたので、空気を抜くのもなかなか大変でした。今日見たいに天気が良すぎると、タイヤの中のエアーを全部抜いて、乾いた空気を充填したくなります(やらないですが)。

昨年改造(改修)したジャッキのお陰でスロープが不要です。スロープが必要ってだけで、どれだけ負担が増えるのか、しみじみ痛感します。スタッドレスタイヤセットを外したら、昨年同様ハブを綺麗に掃除してからラジアルタイヤセットを装着します。ワコーズ・スレッドコンパウントを塗った効果は著しくあり、固着していませんでした。真鍮ブラシでクリーニング後、ワコーズ・スレッドコンパウントを塗り直してからラジアルタイヤセットを装着しました。

やはり純正ホイールは良いですね。今日は気温が30度近くまで上昇したので、既に汗だくです。寒い日が続いていたのに、急激に暑くなると身体がついていかなくなります。

タイヤ交換そのものよりも、その後のスタッドレスタイヤセットの洗浄に時間が掛かります。こまめにホイールの内側まで洗っていれば、それほど時間を掛けずに綺麗になるのでしょうけど、どうしても面倒くささが勝ります(スタッドレスタイヤセットは特に)。純正のブレーキパッドを使っていることも、ホイールが汚れやすい原因ではありますね。ブレーキの効きや鳴きには不満がないので、ダストだけが減ってくれると有難いなぁ…。冬の点検整備までにブレーキパッドの交換を検討しようかな。

前の記事

Anker PowerTouch 5 Unboxing

次の記事

自動車税納税通知書2020